完結

私は家出をする。

その他

更新日:2019年12月23日

私は家出をする。

第1章

「いえでする。」

4歳の頃の私はお母さんと喧嘩した日の夜にそう言って家出をしたことがあるそうだ。

幼い頃の私は活発だったのだな、と少しびっくりしたのを覚えている。

そして、14歳の私。学校のリュックからくたびれた教科書や破れたノートを取り出してもうリュックには何も入っていないことを確認するとリュックに衣類とお金を詰め始める。

家出グッズを入れたリュックは学校の登下校の時に背負うずっしりと重い感じはなく、少しだけ安心する。

玄関口でスニーカーを履いて扉を勢いよく開けた。すると、一気に冷たい風が吹き込んできて前髪が真ん中でぱっくり割れてしまった。

でも、冷たいけれど初めて感じるような優しい風が私の体を包み込…

もくじ (1章)

修正履歴
  • 第1章 第1章

    第1章

    2019年12月23日

作品情報

作品紹介文はありません。

物語へのリアクション

お気に入り

1

読書時間

2分

コメント

4

リアクション

7

関連作品

このページの内容について報告する