完結

できそこない

ヒューマンドラマ・日常系

更新日:2019年12月27日

できそこない

第1章

ぜんぶ、ぜーんぶ、無くしてしまった。妻も、息子も、マンションも。ついでに仕事と、給料も。まさか実家を出てから20年も経って、またこうやって二階の部屋の窓から黙って雪を眺める日が来るなんて、想像もできなかった。
斎藤陽介様。元妻の字は相変わらずきれいで、手紙の内容は実に冷たい。冷たいのは中身だけではなく、実際手紙を持つ手がひどく冷たい。やはり、新築だったマンションと比べると、築40年近い一戸建ては機密性に乏しい。
一体何を、どこで間違えたというのだろう。いやいや、むしろ、これまでが幸運すぎたのかもしれない。もともとただの出来損ないが、何を勘違いしたのか、いっぱしの人生を送れるつもりになっていただけ…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2019年12月27日

作品情報

意外かもしれませんが、長崎県は毎冬、一回か二回は雪が降ります。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

4分

コメント

0

リアクション

5

関連作品

このページの内容について報告する