完結

白い箱

更新日:2018年9月2日

白い箱

第1章

〇一つ星レストラン

店長   「お待たせしました。和牛のビーフシチューになります」

      財前のテーブルにビーフシチューが置かれる。

財前   「いただきます」

      緊張しながら財前を見守る店長。
      財前はビーフシチューを口に入れる。目を閉じる財前。

財前   「まずい。すぐに店をたため」
店長   「そんな!」 
客    「おいおい、ここ一つ星の店だぞ? どんなもんならうまいって言うんだあの人」
客    「俺たち一般人には到底理解できないね」

      店を出ていく財前。

財前N  「私の名は財前。美食を求める男。私の評価は世界の評価。私がうまいといえば人気店に。まずいと言えば店は終わる」
マネージャー「今回の店もダメでしたか?」
財前    「ああ、今日は三件目だというのに…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2018年9月2日

作品情報

※脚本形式です

あらすじ
財前。彼は美食を求める男。
ある時彼は、世界一美味いものが食べれる店『白い箱』の情報を手に入れ、早速足を運ぶのだが……

登場人物
〇財前(ざいぜん)……美食を求める男
〇マネージャー……財前の付き人
〇シェフ……謎の店『白い箱』のシェフ
〇財前N……財前ナレーション
〇客……店の客。
店長……一つ星レストランの店長

物語へのリアクション

お気に入り

1

読書時間

7分

コメント

2

リアクション

0

関連作品

このページの内容について報告する