完結

ローザ

更新日:2018年9月3日

ローザ

第1章

昔あるところにそれはそれはかわいい女の子がいました。

その子は貧しい村の出身で身につけているものもボロボロでしたし、顔も髪も泥だらけでした。
それでも女の子の目はエメラルドのように輝いて、唇はバラの花が咲いているみたいに赤くツヤツヤとしていました。
村の人は唇の色にちなんで、その子のことをローザと呼んでいました。

ローザはなんといっても歌声が美しい少女でした。
村の大人たちはみんなローザの家に夜な夜な集まって彼女に歌ってもらいました。
村は貧乏なのでお酒がありませんでしたが、ローザの甘くとろけるような歌声を聴くと酔っているような気分になれるからです。
ローザの声は村の宝物でした。

ある日。

悪い盗賊たちが…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2018年9月3日

作品情報

美しい歌声のローザはある日魔法で楽器に変えられてしまう。むかしむかしのおとぎ話。

物語へのリアクション

お気に入り

9

読書時間

7分

コメント

6

リアクション

50
  • 挿絵
  • 挿絵

関連作品

このページの内容について報告する