完結

偽物の名前

恋愛

更新日:2020年2月5日

偽物の名前

第1章 失恋明けの朝

机のうえに倒れたガラス瓶と、無造作に散らばる種々のお菓子の包装紙は昨夜の私の荒れっぷりを表象するかのようだ。両親が久々の夫婦旅行なのをいいことに随分と散らかしてしまった。まだ16の私、豊口美咲には遠い未来の感覚だが、自棄酒というのもこういうものなのだろうか。

所詮、ただのお遊びの終わりだ。別に振られたわけじゃない。とはいえ、1つの恋愛の終わりだ。完全にお遊びと割り切ることが出来るほど冷たい人間でもないなら傷つくしかない。

私はお遊びだと分かっていながら、国後寿也のことを想ってしまった。そんな自分の中に、あるいは普通のことが許されないこの”恋愛ごっこ”の関係の中にどこか満たされた気持ちを抱いてしま…

もくじ (7章)

  • 第1章 失恋明けの朝 第1章 失恋明けの朝

    第1章 失恋明けの朝

    2020年1月24日

  • 第2章 願いの始まり 第2章 願いの始まり

    第2章 願いの始まり

    2020年1月25日

  • 第3章 願いの容 第3章 願いの容

    第3章 願いの容

    2020年1月25日

  • 第4章 ひび割れた願い 第4章 ひび割れた願い

    第4章 ひび割れた願い

    2020年1月26日

  • 第5章 偽物の名前 第5章 偽物の名前

    第5章 偽物の名前

    2020年2月1日

  • 第6章 真球に閉じ込めて 第6章 真球に閉じ込めて

    第6章 真球に閉じ込めて

    2020年2月5日

  • 第7章 欠けた真球との邂逅 第7章 欠けた真球との邂逅

    第7章 欠けた真球との邂逅

    2020年2月5日

作品情報

作品紹介文はありません。

物語へのリアクション

お気に入り

2

読書時間

13分

コメント

1

リアクション

27

関連作品

このページの内容について報告する