散文 -Eight Hundred Lies?-

その他

更新日:2021年1月11日

R-15

散文 -Eight Hundred Lies?-

第1章 鼻血で盛大にスベった話

 昔は鼻血を出すことが多かった。体質的な問題とかではない。
 いまでこそ室内に閉じこもってキーボードを叩くようなことをしているが、学生時代はけっこうスポーツマンで屋外をよく駆けまわっていた。小学校のころに一番熱中していた遊びがサッカーで、学校から帰るとランドセルをかなぐり捨ててボールを抱えて飛び出して行くような風の子。
 そのサッカーをしているときに、ボールがちょくちょく顔面を直撃していたというわけである。熱中するあまり危険をかえりみない猪突猛進的なプレーをしていたことと、背の小ささがあいまって、僕の顔面は石崎くんばりの〝サッカーボール吸引器〟になっていたのだ。
 現在、僕の鼻がぺちゃんとしているのはこの…

もくじ (12章)

  • 第1章 鼻血で盛大にスベった話 第1章 鼻血で盛大にスベった話

    第1章 鼻血で盛大にスベった話

    2020年1月27日

  • 第2章 👮<君も警察官にならないか? 第2章 👮<君も警察官にならないか?

    第2章 👮<君も警察官にならないか?

    2020年1月27日

  • 第3章 👜橋の上の黒いバッグ事件 第3章 👜橋の上の黒いバッグ事件

    第3章 👜橋の上の黒いバッグ事件

    2020年1月27日

  • 第4章 50メートル走でまさかの骨折!?(前編) 第4章 50メートル走でまさかの骨折!?(前編)

    第4章 50メートル走でまさかの骨折!?(前編)

    2020年1月30日

  • 第5章 50メートル走でまさかの骨折!?(後編) 第5章 50メートル走でまさかの骨折!?(後編)

    第5章 50メートル走でまさかの骨折!?(後編)

    2020年1月30日

  • 第6章 私は〝ねずみ男〟説 第6章 私は〝ねずみ男〟説

    第6章 私は〝ねずみ男〟説

    2020年1月31日

  • 第7章 🎸ギターを始めたばかりのころ、指が制御不能に陥った話 第7章 🎸ギターを始めたばかりのころ、指が制御不能に陥った話

    第7章 🎸ギターを始めたばかりのころ、指が制御不能に陥った話

    2020年2月2日

  • 第8章 🚀火星にでも住んでんの? 第8章 🚀火星にでも住んでんの?

    第8章 🚀火星にでも住んでんの?

    2020年2月3日

  • 第9章 🎣釣ったオイカワを水槽で飼ったら…… 第9章 🎣釣ったオイカワを水槽で飼ったら……

    第9章 🎣釣ったオイカワを水槽で飼ったら……

    2020年2月5日

  • 第10章 🚢フェリー、大荒れの湯♨ 第10章 🚢フェリー、大荒れの湯♨

    第10章 🚢フェリー、大荒れの湯♨

    2020年2月6日

  • 第11章 📷なんだかすごい心霊写真を発掘してしまったときの話 第11章 📷なんだかすごい心霊写真を発掘してしまったときの話

    第11章 📷なんだかすごい心霊写真を発掘してしまったときの話

    2020年2月8日

  • 第12章 物書きシンクロニシティ 第12章 物書きシンクロニシティ

    第12章 物書きシンクロニシティ

    2021年1月11日

作品情報

エッセイが好きで、自分でも書いてみたくなったので、ぼちぼちとそういう感じのものを執筆していこうと思います。体験談をそのまま綴ってもきっと面白みにかけるので、わりと誇張が含まれる文章になると思います。盛りに盛っちゃうかもしれません。ヘタをするとまったくの嘘八百になっちゃている部分があるかも……? 信じるか信じないかはあなた次第ということで、ひとつよろしくどうぞ。

物語へのリアクション

お気に入り

1

読書時間

じっくり

コメント

10

リアクション

35

関連作品

このページの内容について報告する