オネエ勇者と見習い魔女

SF・ファンタジー

更新日:2018年9月7日

オネエ勇者と見習い魔女

第1章

「我の声に応えよ」

長い長い呪文の後、私は心の中で手を合せ願った。
どうかどうか、おばあちゃんに会えますように……と。

「やったっ!成功したっ!」

 魔法陣から眩い白い光の柱が幾重にもそびえたつ。
 あまりに光が強すぎて、思わず眼を閉じる。
 瞼の向こうの光が少しづつ和らいでくる。
 それを感じて、私はゆっくりと眼を開いた。
 まだ白い光は存在していたけど、その光の中に黒い影が現れる。
 眼を擦ってもう一度見る。
 黒い影は、明らかに人のそれだ。

「おばあちゃーーーーんっ!会いたかったよーーーーっ!」

 持ってた分厚い魔法書を床に落とし、私はおばあちゃんに駆け寄る。
 ぎゅうと黒い人影を抱きしめる。

「あんた、誰?」

 聞き慣れな…

もくじ (1章)

修正履歴
  • 第1章 第1章

    第1章

    2018年9月7日

作品情報

亡くなったおばあちゃんを呼び出すつもりだったのに、失敗して召喚してしまったのはオネエ言葉の美男子だった。未熟な魔女っ子ショコラちゃんとオネエ言葉の美男子との恋のはじまり…の予感的なお話です。

物語へのリアクション

お気に入り

9

読書時間

15分

コメント

14

リアクション

21

関連作品

このページの内容について報告する