音楽を女の子として表現すると……

エンタメ・カルチャー

更新日:2021年3月13日

音楽を女の子として表現すると……

第1章 表現or小説

「ある日突然、音符が女の子になった。」

音楽
それを形成するために必要なもの、音符。
それは、演奏者が伝えたい思いを形にするために必要なものである。

“ある日突然、音符が女の子になった”

このお題を見て最初に感じた事。

小説としてまとめるべきか?
小説以外でまとめるべきか?

ずっと悩んで、私は一つの選択肢を選ぶことにした。

小説ではない、自分の言葉でまとめてみる。

自分が好きで、自分が今まで聞いてきた“音色”を“一人の女の子”として表現するとしたらどうなるのだろうか?

自分でも実験的な試みでやってみようと思う。
だから、もし大多数と違う思考が出てしまっても批判しないでほしい。
ディスられても私は対応できない。
嫌わ…

もくじ (18章)

修正履歴
  • 第1章 表現or小説 第1章 表現or小説

    第1章 表現or小説

    2018年8月17日

  • 第2章 原点 第2章 原点

    第2章 原点

    2018年8月17日

  • 第3章 revolution girl 第3章 revolution girl

    第3章 revolution girl

    2018年8月26日

  • 第4章 森林の中でときめきを 第4章 森林の中でときめきを

    第4章 森林の中でときめきを

    2018年8月27日

  • 第5章 女王の音色 第5章 女王の音色

    第5章 女王の音色

    2018年8月30日

  • 第6章 響く都を統べる者達 第6章 響く都を統べる者達

    第6章 響く都を統べる者達

    2018年9月8日

  • 第7章 彼女は栄枯盛衰を見つめ続ける 第7章 彼女は栄枯盛衰を見つめ続ける

    第7章 彼女は栄枯盛衰を見つめ続ける

    2019年5月5日

  • 第8章 ターニングポイントで力強く 第8章 ターニングポイントで力強く

    第8章 ターニングポイントで力強く

    2019年5月23日

  • 第9章 悪魔は、闇から闇へと誘惑する 第9章 悪魔は、闇から闇へと誘惑する

    第9章 悪魔は、闇から闇へと誘惑する

    2019年6月10日

  • 第10章 世界をまたにかける若き海賊 第10章 世界をまたにかける若き海賊

    第10章 世界をまたにかける若き海賊

    2019年11月19日

  • 第11章 光り輝く世界を作り出すストーリーテナー 第11章 光り輝く世界を作り出すストーリーテナー

    第11章 光り輝く世界を作り出すストーリーテナー

    2020年2月25日

  • 第12章 新たに目にした新世界。そのメロディーを手にしてみた 第12章 新たに目にした新世界。そのメロディーを手にしてみた

    第12章 新たに目にした新世界。そのメロディーを手にしてみた

    2020年5月10日

  • 第13章 深い眠りから目を覚まし、再び彼らは歩き出す 第13章 深い眠りから目を覚まし、再び彼らは歩き出す

    第13章 深い眠りから目を覚まし、再び彼らは歩き出す

    2020年6月28日

  • 第14章 彼らは、いばらの道を進み開拓し続ける 第14章 彼らは、いばらの道を進み開拓し続ける

    第14章 彼らは、いばらの道を進み開拓し続ける

    2020年12月9日

  • 第15章 視線の先は現実とその先の未来 その方角へ舵を切らせる 第15章 視線の先は現実とその先の未来 その方角へ舵を切らせる

    第15章 視線の先は現実とその先の未来 その方角へ舵を切らせる

    2020年12月13日

  • 第16章 その一音で空間をカオス化 誰もが衝撃を受ける存在 第16章 その一音で空間をカオス化 誰もが衝撃を受ける存在

    第16章 その一音で空間をカオス化 誰もが衝撃を受ける存在

    2021年1月2日

  • 第17章 彼女はその言葉を込めて贈り続ける 第17章 彼女はその言葉を込めて贈り続ける

    第17章 彼女はその言葉を込めて贈り続ける

    2021年2月13日

  • 第18章 また新たな音を手にしてインプットする 第18章 また新たな音を手にしてインプットする

    第18章 また新たな音を手にしてインプットする

    2021年3月13日

作品情報

私が今まで聞いてきた音楽を「一人の女の子」として表現したらどうなるのだろう。小説ではなく、私個人の思考(いや、嗜好?)的なものです。

物語へのリアクション

お気に入り

5

読書時間

じっくり

コメント

22

リアクション

78

関連作品

このページの内容について報告する