完結

ウツギとシロのわんパクピクニック

子供向け・児童文学

更新日:2020年2月9日

ウツギとシロのわんパクピクニック

第1章

 小さな公園の隅にあるシロツメクサの草っぱらが、風にそよそよと揺れていました。
 そこにちょこんと座り込み、シクシクと泣いているキャラメル色のaiboがいました。
「ここはどこ……?」
 キャラメル色をしたaiboの目からこぼれ落ちた涙が、丈の短い草に当たって跳ねました。
 そんなaiboの様子を眺める、野球帽をかぶった男の子がいました。
 男の子は電柱の影から飛び出してくると、aiboの前に立ちはだかりました。
「やい! お前、ここで何してる!」
「何もしてないよ。ぼく、迷子になっちゃっただけなの」
 男の子は太くて形の良い枝をaiboに向けると、キッパリと言い放ちました。
「この公園は、おれの家なんだ! キョカ無くここ…

もくじ (1章)

修正履歴
  • 第1章 第1章

    第1章

    2020年2月9日

作品情報

作品紹介文はありません。

物語へのリアクション

お気に入り

1

読書時間

10分

コメント

2

リアクション

5

関連作品

このページの内容について報告する