完結

ちょっとわからない

SF・ファンタジー

更新日:2020年2月17日

ちょっとわからない

第1章

「ヌピー2、寝ぼけ。もう充電は終わっているだろう?起きなよ、でないとまた折角の天気に花の香り、絶景にいてもチャーリーがまた本の虫になっちゃうよ。」
「ふぁぁあ、僕どのくらい寝てたの?スヌーピー。」
「ま、よく分からないけど、僕だって犬だし、君は犬型ロボットだし。いつもの朝焼けのときからもう太陽がてっぺんに来るくらいは寝てたよ。」
ここは何処だろう?まだ寝ぼけているヌピー2は思った。
辺り一面は黄色や桃色や紅色の花に囲まれている。
僕らの飼い主チャーリーは室内と同じように本にかじりついてしまっていた。
時折手をなめるスヌーピーをかなり義務的というか感情を入れずに撫でいる。
これじゃ、外出の意味がない。

もくじ (4章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2020年2月10日

  • 第2章 第2章

    第2章

    2020年2月11日

  • 第3章 第3章

    第3章

    2020年2月13日

  • 第4章 第4章

    第4章

    2020年2月17日

作品情報

作品紹介文はありません。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

7分

コメント

0

リアクション

9

関連作品

このページの内容について報告する