完結

鉛春

恋愛

更新日:2020年2月19日

鉛春

第1章 「0」

自責の念に苛まれる。

3月18日、私の心臓は締めつけられる。

卒業式に向かう中学生を見ると、無意識のうちに涙が零れ落ちる。

家の目の前の土手に並ぶ桜から、風に負けて花びらが舞い落ちていく。

過ちは、目の前に投影された。

今年も過ぎ行く春を眺めて、ほかほかの陽に慰めてもらっているあなたがいるような、そんな気がした。

もくじ (8章)

修正履歴
  • 第1章 「0」 第1章 「0」

    第1章 「0」

    2020年2月15日

  • 第2章 「1」 第2章 「1」

    第2章 「1」

    2020年2月15日

  • 第3章 「2」 第3章 「2」

    第3章 「2」

    2020年2月16日

  • 第4章 「3」 第4章 「3」

    第4章 「3」

    2020年2月16日

  • 第5章 「4」 第5章 「4」

    第5章 「4」

    2020年2月16日

  • 第6章 「5」 第6章 「5」

    第6章 「5」

    2020年2月19日

  • 第7章 「6.」 第7章 「6.」

    第7章 「6.」

    2020年2月19日

  • 第8章 第8章

    第8章

    2020年2月19日

作品情報

作品紹介文はありません。

物語へのリアクション

お気に入り

1

読書時間

23分

コメント

0

リアクション

23

関連作品

このページの内容について報告する