ROBOX

更新日:2018年8月11日

ROBOX

第1章 序章

ぼくは草原にいた。
草原の中心に大きな木があって、その下に少女が立っている。
ぼくは彼女の方へと駆け寄った。

もう少しで手が触れる。
その瞬間、

空から黒くて長いツタが降ってきて、ぼくの体を巻き取った。
そのまま僕の体は宙に浮かんで、空の向こうに連れていかれる。

木の下にいた少女が何かを叫んだ。
すると、眼下の草原が炎に包まれた。

『ダメだ!そんなことをしたら、君は……』

ああ、君の名前が……ぼくは思い出せない。

もくじ (3章)

  • 第1章 序章 第1章 序章

    第1章 序章

    2018年8月10日

  • 第2章 一章 第2章 一章

    第2章 一章

    2018年8月10日

  • 第3章 二章 第3章 二章

    第3章 二章

    2018年8月11日

作品情報

2200年。
ROBOX(ロボックス)というアイドルグループが日本で人気を博していた。人間離れした美しさと身体能力、知能を持つ彼らは人間ではなくロボットである。ROBOXのメンバーはアイドルとして活躍するだけでなく、それぞれ官民での重要ポストに就いていて、彼らが日本を動かし守っている。
ある日、大規模なサイバーテロが起こる。それを解決するため動き出すROBOX。そのテロの裏には、ROBOXリーダーであり内閣総理大臣のガーネットが深く関わっていた……!

物語へのリアクション

お気に入り

1

読書時間

17分

コメント

2

リアクション

2
  • 挿絵

関連作品

このページの内容について報告する