完結

思う。

詩・俳句・短歌など

更新日:2020年2月24日

R-15

思う。

第1章

全部消したいし、消えたい。

人が死ぬことがとてつもなく悲しいから、死んで欲しくない。
会ったこともない誰かに向けて手紙を書く。
そんで机のおくにしまい込む。

だけど、私は死にたい。

こんな世の中だからみんな死ぬんだ。
みんな死ぬからこんな世の中なんだ。

鈴を振り回しながら泣き喚く。
涙なんて流れるわけないのに。

全部なくなってしまえばいいのに叶わない。
この悲しみが、この苦しみが私なのだと、それらがなくなってしまったら今の私は消えてしまうのだと知っているから。

だから私は死にたくない。

消したくても消えたくても、
誰かの机の奥で、私に向けた手紙が眠っている気がする。
だから私は生きたい。


人が死ぬことがとてつもなく…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2020年2月24日

作品情報

作品紹介文はありません。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

1分

コメント

0

リアクション

3

関連作品

このページの内容について報告する