完結

甘い香り

詩・俳句・短歌など

更新日:2020年2月25日

甘い香り

第1章

風邪を羽織って出かけよう。
右足には新しいサンダルを、
左足にはお気に入りの長靴をはいて。

持っていくのは片想い色のちゅうりっぷ。

空から降ってきたクレヨンが、
風船のまちを描いたら、
チョコレイトみたいなねこが教えてくれる、
もうすぐあの子に会えるってこと。

クラリネットのはなうたを、
オルゴールの中で溶かしたら、
あの子のためにネジを巻こう。

しゃぼん玉の丘、
星屑の喫茶店、
虹の交差点をこえて、
木漏れ日橋を渡ったら、

君と出会うまであとちょっと。

多分、
きっと、

もうちょっと。

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2020年2月25日

作品情報

作品紹介文はありません。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

1分

コメント

0

リアクション

6

関連作品

このページの内容について報告する