完結

心から君に花束を

恋愛

更新日:2020年3月9日

心から君に花束を

第1章 一、発芽

 目が覚めたと同時に割れるような頭の痛みに襲われた。
 
 昨晩、いや、昼前までの酒がまだ残っている。いや、残っているというよりも、”絶賛酔っぱらった状態”と表現するのが正しいのだろう。自分の吐く息が生暖かく酒臭いものだとわかる。
 枕もとのスマホを開くと時刻は17時を回ったところだった。朝方の記憶がきれいに抜け落ちている。台所まで重い体を引きづり、錆臭い水を3杯続けて一気に飲んだ。
 
 落ち着いてきた。
 昨日の記憶が少しだけ蘇る。
 昨日はいつものように21時に店に出勤した。俺が働いているのは駅前の古ぼけた雑居ビルにあるキャバクラだ。そこで客を席に案内したり、酒を運んだりしている。
 俺の町は、都会と呼ぶにはあまりに華…

もくじ (4章)

  • 第1章 一、発芽 第1章 一、発芽

    第1章 一、発芽

    2020年2月29日

  • 第2章 二、観察 第2章 二、観察

    第2章 二、観察

    2020年3月2日

  • 第3章 三、光合成 第3章 三、光合成

    第3章 三、光合成

    2020年3月7日

  • 第4章 四、開花 第4章 四、開花

    第4章 四、開花

    2020年3月9日

作品情報

作品紹介文はありません。

物語へのリアクション

お気に入り

1

読書時間

20分

コメント

3

リアクション

16

関連作品

このページの内容について報告する