朝日は今日も入らない

恋愛

更新日:2020年3月8日

朝日は今日も入らない

第1章

お酒を飲んで、酔っ払って、夜道を歩いて、
家に帰る。
玄関横にある鍵置きに鍵を置いて、
電気をつけて、靴を脱ぐ。
マフラーをとって、コートを脱ぎながら、
部屋に向かう。
窓を開けて、防犯ためにシャッターを下ろす。

ベットに腰を下ろして、テレビを付ける。
冷えた左手をよそにまだ暖かい右手を伸ばす。

「突っ立ってないで座りなよ」

暖かい左手を握り、隣の体温を確かめる。

買ってきた缶酎ハイを開けて、
対して興味のないテレビを見ている振りをして、
たわいもない、色気もない、
こんな事は慣れていると言わんばかりに、
お酒の失敗談を話して、
あぁ今日も結局飲んじゃったなんて、
あなただけじゃないことをほのめかして、
自分の品格を下げなが…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2020年3月8日

作品情報

作品紹介文はありません。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

2分

コメント

0

リアクション

3

関連作品

このページの内容について報告する