完結

魔法

詩・俳句・短歌など

更新日:2020年3月19日

魔法

第1章

昔は魔法少女になれると信じていた。
甘いわたがしみたいな夢をみてた。
長く伸ばした黒髪を、
ピンク色のリボンで結って、
イチゴ味のキャンディを頬張ってた。

それから時間に追いかけまわされて、
気づいた時には、
大人みたいな、子供みたいな、
へんてこりんになってしまっていた。

きっと誰かに魔法をかけられてしまったんだ。
自慢だった髪は首を絞めるための蛇になって、
ピンク色も、イチゴ味も、
全部嫌いになったのは、
魔女のせいだ。

今ならわかる。

虹としゃぼん玉が綺麗に見えて、
風と会話するのが楽しかったあの頃、
わたしは魔法少女だったんだ。
今だって、魔法をかけられてしまっただけ。
すぐに元に戻れるはず。

なんてね。

わかってし…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2020年3月19日

作品情報

作品紹介文はありません。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

1分

コメント

0

リアクション

4

関連作品

このページの内容について報告する