完結

雪の街 — 中学時代 —

更新日:2018年9月30日

雪の街 — 中学時代 —

第1章

どさっ!

放課後、校門を出るちょっと前、だれかが雪玉をぶつけるから、

突然に始まる雪合戦。

やれやれという気持ちと、ちょっと心がはずむのと。

はずむ理由は簡単で、まあ、言わなくてもわかるでしょう。

ご想像の通りです。

1か月後には高校入試を控えている。

ちょっとピリピリしているやつもいれば、まったくのん気なやつもいる。

だれかが雪玉を、と言ったけれど、だいたい最初に始めるのは、宏太だろうな。

後ろを振り向くと、やっぱり。

もう2投目が飛んできてる!

でも、僕はこれをよけない。

なぜって?

言わなくてもわかるでしょう。

前にあの子がいるからです。

それでも隣りの俊介が、宏太たちに応戦しまくるから、

雪玉の応酬は激しくなっ…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2018年9月30日

作品情報

中学男子の思い出です。

物語へのリアクション

お気に入り

3

読書時間

3分

コメント

6

リアクション

6
  • 挿絵

関連作品

このページの内容について報告する