本日の散歩記録

エッセイ・ノンフィクション

更新日:2020年4月18日

本日の散歩記録

第1章 4/18

 二度目の緊急事態宣言。
 人口密度がそう高くもない市なので、体調と天候の良い日は気が向いたら散歩をする事にしている。
 ……と言いつつ、ついつい家にこもりがちにはなるのだが。

 今日は近くのスーパーへの買い物がてら、自転車を押して近所を散策した。
 四月中旬ともなれば、流石に道路の隅の影の部分にしか雪が残っていない。
 地面の草はまだ去年の枯れ草ばかりだが、所々でふきのとうが幅を利かせている。
 桜色をしたミニ桜のようなものもさりげなく芽吹いていた。
 名前がわからない。
 遮るもののない春の日差しに、肌を撫でていく風が心地よかった。
 春だ。
 花粉症のケは無いはずなのに、外を歩けば鼻水が垂れてくるのは何故なんだ。
 道行く人は…

もくじ (1章)

修正履歴
  • 第1章 4/18 第1章 4/18

    第1章 4/18

    2020年4月18日

作品情報

たまにしかしない散歩録。日記です。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

3分

コメント

0

リアクション

8
  • 挿絵

関連作品

このページの内容について報告する