完結

詩・俳句・短歌など

更新日:2020年4月25日

第1章

公園で死んでいる桜に聞いてみたの。
お前に意味はあったのかって。

何も答えなかったから別の質問をしてみたわ。
お前に夢はあったのかって。

やっぱり何も答えなかったからそっと抱きしめて、花びらを一枚本にはさんだの。

それでね

そのあと私、ずっと隣で眠っていたんだけれど、誰かに話しかけられた気がしたの。

お前に過去はあったのか、お前に愛はあったのかって。

答えられなかった。答えたかった。答えが知りたかった。

その人は私の髪の毛を一本、手帳に挟んで去っていったわ。

それでね

そのあと私、しばらくして思ったんだけれど、
きっとあの人は孤独な人なのね。

それから毎日、あの人が私の横で歌ってくれたらいいなってお祈りしてるの。

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2020年4月25日

作品情報

作品紹介文はありません。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

1分

コメント

2

リアクション

4

関連作品

このページの内容について報告する