完結

太陽が輝いている ありがとう

その他

更新日:2020年4月26日

太陽が輝いている ありがとう

第1章

何度試みただろう。
個人のチャーター機で世界を飛び回る日々。
かなり贅沢ばかりしていた、ローマかギリシャの横に寝そべって食っちゃ寝している貴族のように。
ある出張のとき、かなり大きめの無人島の上に墜落でなく、不時着した。
最初に思ったのは、何が最新鋭のAI搭載の無人パイロット型のチャーター機だよ、おちてんじゃねーか。と。
次に思ったのは、仕方ねぇ、折っちまった木々で筏でも作って脱出しよう。
で、連れてきたサバイバル機能も世界的シェフの機能も兼ね備えた仰々しい執事型の太陽充電の二足歩行のアンドロイドと協力して、筏作りには成功した。
だが、潮の流か?
沖にも出られない。
諦めきれずに何度か試みた。
しかし、数キロ…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2020年4月26日

作品情報

作品紹介文はありません。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

2分

コメント

0

リアクション

3

関連作品

このページの内容について報告する