完結

私の書き方(超特殊)

エッセイ・ノンフィクション

更新日:2020年4月27日

私の書き方(超特殊)

第1章

え~私、子豚の丸焼きは、ハッピーエンドが大好きで、ハッピーエンド系の作品を比較的多く出しております。
その上、ハッピーエンドにはハッピー要素をたくさん敷き詰められます。


・・・ですが、文才としてはシリアスもしくはバッドエンドに振りきっております。
個人的にもバッドエンドの作品のほうが面白いんですよ。
だからこそ、なのでしょうか?バッドエンドを書くときに苦痛を感じながら書くわけです。
さらに言えば、バッドエンドのほうが、難解かつ、複雑。
しかし、読むたびに別の顔を見せる小説を書けるわけです。
加えて、書くときの「これが子豚流の文章!」というものは存在しません。
なんでこうなるのか?と考えると書き方の問題でしょ…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2020年4月27日

作品情報

これは、ノンフィクションです。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

4分

コメント

0

リアクション

3

関連作品

このページの内容について報告する