完結

美しい花苑

恋愛

更新日:2020年5月10日

R-15

美しい花苑

第1章

 それが正しい恋かどうかなんて、一体誰が決めるのだろう。世間体か。世間て誰だ。家族か。友人か。他人か。内なる自分か。

黒のスカートの下から伸びるすらりとした脚は、日焼けを知らぬ真っ白な陶器のようだ。上半身の膨らみはそれほど大きくはないけれど、彼女らしい、厳かで可憐な印象を受ける。長く黒く艶やかな睫毛が彼女のまだ幼さを残す顔に影を落とし、その隙間から依子を見上げる黒目がちな瞳は黒曜石の如く深い輝きを秘めている。
「あなたがいけないのよ、私をこんなにさせて。責任をとって頂戴な。」
彼女の細い指が私の髪を梳く。「あなたももう、我慢ならないのでしょう?」
「そうね。私のせいよね。ちゃんとするわ。」
彼女の腰に…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2020年5月10日

作品情報

女と女。
これは愛だと認められますか?

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

3分

コメント

0

リアクション

2

関連作品

このページの内容について報告する