手仕事こぼれ話

エッセイ・ノンフィクション

更新日:2020年5月18日

手仕事こぼれ話

第1章 巻き貼り人形のグルーくん

 接着剤や洗剤などを使った後は、容器の口を拭き取る。これは昔から私の習慣かもしれない。

「あなたのペーパーセメント、いつもきれいで新品みたい」

 20代のある時、職場の先輩が私にそう言った。私のデスクに置いてあるゴムのりはキャップが開けやすく、新品同様の使い心地だというのだ。確かに、自分の身のまわりにあるマニキュアなどのボトル類を見ても、キャップがベタベタしたり、固まって開かないなんてことはなかった。先輩はこうも言った。

「あなたの定規、傷がなくて直線がちゃんと引ける」

 直線定規が直線を美しく引けなくてどうする。私はこの時初めて知った。自分は道具を大事に使うタイプなのだということと、離席中の私のデスクは…

もくじ (1章)

  • 第1章 巻き貼り人形のグルーくん 第1章 巻き貼り人形のグルーくん

    第1章 巻き貼り人形のグルーくん

    2020年5月18日

作品情報

私の手芸作品フォトとエッセイ。

物語へのリアクション

お気に入り

1

読書時間

3分

コメント

2

リアクション

3
  • 挿絵

関連作品

このページの内容について報告する