完結

詩・俳句・短歌など

更新日:2020年5月18日

第1章

着信音が鳴ったら
僕の心臓も同じくらい激しく叫び始めた

外へ出たら
サイレンの音、響き渡る音、音、音

カラスが一斉に飛び立ち
ぼくを置いていく

落ちた躑躅は雨に踏まれ
溝を流れるのはこの世の濁り

電話なんてかけてこないでよ
サイレンもやめてよ

怖い、こわい、コワイ

鳴り止まない耳鳴り
取り乱すぼく

裸足で踏みしめたアスファルトと
水たまりから感じる視線は

冷たかった

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2020年5月18日

作品情報

作品紹介文はありません。

物語へのリアクション

お気に入り

1

読書時間

1分

コメント

2

リアクション

4

関連作品

このページの内容について報告する