完結

paralysis

ホラー・サスペンス

更新日:2020年6月12日

paralysis

第1章

 打ちっぱなしのコンクリートでできた壁に囲まれた地下室に、わたしは閉じ込められたまま、何度かの四季を越えた。
 なぜそのことがわかるのかといえば、わたしをこの場所に閉じ込めた男は、外の世界の情報管制をせず、むしろそのことについてわたしと語り合うことを望んでくるのだ。だからいつも、すっかり日が高くなった頃にどこからか朝刊を持ってくるし、部屋にはラジオが置かれていて、好きに聴いていいとまで言われている。別に聴きたいわけでもないけれど、なにも音がなくなってしまうと気が狂ってしまいそうで、なんとなくいつもスイッチを入れっぱなしにしている。
 また、そういった情報だけでなく、唯一わたしが外の世界をはっきり感じる…

もくじ (1章)

修正履歴
  • 第1章 第1章

    第1章

    2020年6月12日

作品情報

「麻痺」


※本作品はフィクションであり、実在の人物・団体・事件等とは一切関係ありません。

物語へのリアクション

お気に入り

1

読書時間

9分

コメント

6

リアクション

16

関連作品

このページの内容について報告する