完結

紫陽花

恋愛

更新日:2020年6月15日

紫陽花

第1章

 目覚めるといつも隣にいる貴方は、私に背を向けたまま夢の中を彷徨っている。
 物音を立てないようにそっと身体を起こし、貴方の髪を指先で梳いてからベッドを降りた。気怠い身体を引きずって浴室に向かう。
 浴室の鏡に映る私はひどく疲れた顔をしていた。無理矢理口角を上げて貼り付けたような笑みを浮かべ、そんな自分を肯定するために小さく頷く。首筋に咲く赤い華は、かつては女の勲章として誇らしく思っていたけれど、今では貴方の一時的な欲望によって付けられた無責任な独占欲の象徴でしかない。冷たいシャワーを頭から浴びて熱帯夜の余韻を冷ます。貴方に見て欲しくて染めた爪紅が、貴方に気付かれないまま剥がれかけていた。
 クローゼッ…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2020年6月15日

作品情報

紫陽花の花言葉のひとつ、「移り気」。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

6分

コメント

2

リアクション

11

関連作品

このページの内容について報告する