完結

タイムパラドクスを打ち破る

SF・ファンタジー

更新日:2017年11月8日

タイムパラドクスを打ち破る

第1章

「実験成功のためだ。お前がその銃で、実の父親を撃つことが重要なんだよ」
松嶋博士は、拳銃を旭に手渡した。
「無茶言わないでよ」
博士は、複雑な式を示しているPCの画面を指さして言った。
「お前が自分の手で過去の父親を撃つことによって、パラドクスが生まれる。その時の銃弾の存在確率を計測するんだ。」
「どうなるんですか」
「君が生まれてこなくなる確率が高くなるにつれ、銃弾の存在確率が0に近づくはずだ。」
「では、父は死なないと」
「そうだ」

旭たちは、過去へ飛んだ。
旭の父を見つけた二人は、早速実験を敢行した。
博士の予想に反し、旭の構えた銃から発射された銃弾は、旭の父の胸を貫いた。
「なぜだ、銃弾の存在確率は100%…

もくじ (1章)

修正履歴
  • 第1章 第1章

    第1章

    2017年11月8日

作品情報

タイムリープで外せないのは、時間を前後する事によるパラドクスの存在。
特に「父殺しのパラドクス」は、解決した話を聞いたことがありません。
そこで、博士はそのパラドクスに挑戦したのでした。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

2分

コメント

1

リアクション

5

関連作品

このページの内容について報告する