完結

暗殺

ホラー・サスペンス

更新日:2017年11月8日

暗殺

第1章

俺は殺し屋だ。自分で言うのもなんだが、超一流の殺し屋だ。狙った獲物は外さない。
手段を選ばず、ターゲットをあの世に送ってきた。
だが、今回のターゲットは手強い。
スケジュールは手に入らない、神出鬼没。正確な容姿もよくわからない。
遠くから撮影したらしいピンボケの写真が一枚、葉巻のかけら、指紋がついている25セント玉、金色の髪の毛2本、これだけが手がかりだ。

「こいつが、世界征服をねらってるって?」
薄暗いバーの片隅で渡された手がかりを見ながら、情報屋のミーに言った。
「何人がしかけたんだ?オレの前に」
「二桁よ」
言い放つミーの言葉には、そいつらが帰ってこなかったことも含まれていた。
「なあ、ほんとにそいつを消…

もくじ (1章)

修正履歴
  • 第1章 第1章

    第1章

    2017年11月8日

作品情報

ハードボイルドな京都です。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

10分

コメント

1

リアクション

4

関連作品

このページの内容について報告する