完結

掃き溜めより、愛を込めて

お仕事

更新日:2020年7月7日

R-15

掃き溜めより、愛を込めて

第1章

俺の名前は神谷弘樹。某出版会社で編集をしている。今日も持ち込みの応対やら担当している作家先生への連絡やらで大忙しだ。

「ぜーんぜん面白くない」

ばさり。安っぽい机に原稿が散る。
新規の持ち込みだが、大外れだ。

「全然面白くないよこれ。キャラ設定も甘いし話の展開だって100万回は見た」

長い前髪と野暮ったい黒縁眼鏡の向こうの目は机の上を泳ぐばかりだった。目が合うどころか会話すら成り立たない姿、そしてその左手首をみてげんなりする。

「あんた、それどうしたの」

袖口から覗く赤い傷痕を指さすと、目を開いてすさまじい速度で隠した。

「あっ……ぇと……なんでも……ない……です」
「あっそ」

あーあーやだやだ。だからクリ…

もくじ (1章)

修正履歴
  • 第1章 第1章

    第1章

    2020年7月7日

作品情報

こういうのが欲しかったんですよね?

物語へのリアクション

お気に入り

1

読書時間

7分

コメント

6

リアクション

31

関連作品

このページの内容について報告する