完結

火を出せても

SF・ファンタジー

更新日:2020年7月8日

火を出せても

第1章

僕は体から火を出すことができる。
だからといって何もいいことはない。

確かに初めて火を出した時はすごい、かっこいい、とか思った。
しかし、全世帯にガスが普及し、コンビニで100円のライターが売っている現代日本において火をおこす必要があるときなんてまずない。
そのうえ、危ないからと誰も僕に近寄ろうとしない。

「おい、火起こし。あっち行けよ。」
”火起こし” それが僕のあだ名だった。
僕はいつも校庭の端っこで、楽しそうに遊ぶみんなを眺めていた。

「ねえ君、火を出せるんだって」
声のする方を見ると、一人の女の子が立っていた。
僕はびっくりした。
物珍しさで話しかけてくる男子はいても、女子が話しかけてくることなんてこれまで…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2020年7月8日

作品情報

作品紹介文はありません。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

2分

コメント

0

リアクション

8

関連作品

このページの内容について報告する