夏唄

詩・俳句・短歌など

更新日:2020年7月10日

夏唄

第1章 夏唄

夕景に 爽やかな風
迸る水滴が頬をかすめる
茹だる暑さの面影に
木立の蝉しぐれ
きらびやかに色を変える花火
めくるめく夏がそっと過ぎてゆく

もくじ (1章)

  • 第1章 夏唄 第1章 夏唄

    第1章 夏唄

    2020年7月10日

作品情報

少し気が早いけど、夏に想いをはせて

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

1分

コメント

0

リアクション

4

関連作品

このページの内容について報告する