完結

裸足で駆ける君

恋愛

更新日:2020年7月11日

裸足で駆ける君

第1章

海が見えると同時に、君はサンダルを脱ぎ捨て走り出した。
僕はそのサンダルを拾いつつ君を追いかけた。

君は砂浜をまっすぐ突っ切って海に入り、くるっと振り向き満面の笑みで僕を手招く。
僕は砂浜に立ち彼女を眺めた。
太陽と海と君の輝きが反射しあってキラキラとまぶしい。

君はいつも僕の先にいて、遅れる僕を見て笑っている。
僕はいつも振り回されてばかりだ。
それでも僕は、君のそばにいたいと思ってしまう。

全く君にはかなわないな。
僕は靴を脱いで裸足になり、君のところに走っていく。

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2020年7月11日

作品情報

作品紹介文はありません。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

1分

コメント

0

リアクション

6

関連作品

このページの内容について報告する