完結

親愛なる我が子へ

ヒューマンドラマ・日常系

更新日:2020年7月15日

親愛なる我が子へ

第1章

「20歳の誕生日おめでとう!」
ホールケーキのろうそくに火を灯すと父は言った。
「ありがとう。」
僕はそう答えると勢いよく息を吹きかけた。
火が消えると、胸の奥から抑えようのない悲しみが流れ出た。
「母さんにも見せたかったな。」
母は僕が10歳の時に病気で死んだ。
もちろんその後10年間男手一つで僕を育ててくれた父には不満なんかない。
それでも、毎年この日になるとケーキを囲む人の少なさにどうしようもないさみしさを感じてしまう。

電気をつけると、父が僕の前に立っていた。
「成人祝いだ。」
そういうと父は僕に封筒を渡し部屋を出て行った。
封筒には見覚えのある字で僕の名前が書かれていた。
母さんの字だ
僕は封筒を開き中身を…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2020年7月15日

作品情報

作品紹介文はありません。

物語へのリアクション

お気に入り

1

読書時間

3分

コメント

0

リアクション

2

関連作品

このページの内容について報告する