完結

未来から来た男

更新日:2017年11月9日

未来から来た男

第1章

小学校の掃除の時間、焼け焦げたカプセルが突然校庭に現れた。
カプセルの扉が開き、中から白衣を着て度の強い眼鏡をかけた老人が這い出してきた。
老人は、校舎の時計をにらみ、そしておもむろに両手を挙げて叫んだ。
「おおー。成功した。ついに時間と空間を飛び越えることができた。」
老人は、興奮した様子で校庭を歩きながら、ぶつぶつとつぶやいている。
「すごいぞ、時間を遡る事に成功したんだよ、君。解るか。」
箒を持った小学生たちが老人を取り囲んで、
「すごいねー。」とか、
「どうやってきたのー。」とか言っている。
老人は、カプセルを指しながら、
「この先端に生じるマイクロブラックホールの周辺の物質が崩壊するときのエネルギーを…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2017年11月9日

作品情報

博士は頑張って、最大時間を遡ったのだ。
それが、どういう結末を招くかは別問題だから。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

2分

コメント

0

リアクション

1

関連作品

このページの内容について報告する