完結

少し先の憂鬱

恋愛

更新日:2020年8月24日

少し先の憂鬱

第1章 僕は僕の事を、どれだけ知っているんだろう

週末はいつものように、二人で過ごす。
東京スカイツリーを右手に、夏には沢山の人々を魅了して止まない花火の見れる、川の側にある僕の1Rのアパート。
何か特別な用意などしない。ただ『会う』ことが義務のようになっていた。
出会って4年になる彼女とは、共通の話もなかったが不思議と違和感はなく、むしろ僕はそれを自然に受け止めていた。

僕は彼女との日々を、忘れてしまったわけではなかった。
朝、一緒に目覚める。
近くのコーヒーショップでモーニングをテイクアウトする。
昼過ぎまで、なんとなくお互いが気になる映画を見る。
夕方まで僕はカメラの手入れをして、君は分厚い本を片手に時々、大きなため息をついたりする。
こんな他愛もな…

もくじ (1章)

  • 第1章 僕は僕の事を、どれだけ知っているんだろう 第1章 僕は僕の事を、どれだけ知っているんだろう

    第1章 僕は僕の事を、どれだけ知っているんだろう

    2020年8月24日

作品情報

足並みを揃えて、一歩を踏み出す。
二歩めからの違和感は どんなに足掻こうとも
もう、それぞれの路へと繋がれていく。

物語へのリアクション

お気に入り

1

読書時間

10分

コメント

6

リアクション

12

関連作品

このページの内容について報告する