完結

そんな気がした

恋愛

更新日:2020年7月24日

そんな気がした

第1章

 東京港の航路を跨ぐように架けられた橋は、橋の下を大型船舶が通ること、また上は羽田空港に離着陸する航空機の影響で橋の高さに制限があることから、普通の橋とは違う、変わった外観をしている。
 名前を「東京ゲートブリッジ」という。

 みな、この橋の外観について、恐竜が顔を向かい合わせているように見える……と言うのだけど、個人的には、鳥が対岸にいるもう一羽の鳥に向かって、懸命に嘴(くちばし)を差し出しているように見えなくもない。なんとかして、向こう側にいる相手と繋がりたい。触れ合いたい。わかりあいたい。そんな気持ちが、複雑に組み合わされた鋼材の間から見える空の向こうに、透けて見える気がするのだった。



 …

もくじ (1章)

修正履歴
  • 第1章 第1章

    第1章

    2020年7月24日

作品情報

んー、って近づこうとするんだ。

物語へのリアクション

お気に入り

1

読書時間

7分

コメント

2

リアクション

9

関連作品

このページの内容について報告する