完結

屋上インソムニア

ヒューマンドラマ・日常系

更新日:2020年7月23日

屋上インソムニア

第1章


少しだけ冷えた背中は、ずっと深くに沈むための、恐怖とか絶望とか、そんな感覚を麻痺させてくれるようだった。

屋上の出入り口横。

陽の当たらない一箇所だけは、いつもコンクリートが冷たくて、僕の身体から熱を奪う。


「今日で何日目だっけ……」


数えるのも億劫だった。
まんまと彼女の魂胆に乗せられたのか。
単なる偶然か。
あと何回こうして、僕は屋上に通うことになるのだろうか。


瞼をゆっくり開ける。
目元に被せていた腕の隙間から、秋に移ろいつつある水彩色の薄紅が空に溶けていた。

一番好きな季節の、一番すきな時刻。

眠れない僕にとって、この刹那を目に焼き付けて、全ての世界を閉じたい。二度と目覚めたく無い。

それだけが望みだっ…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2020年7月23日

作品情報



どうせ、また。

君が邪魔をするんだ。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

2分

コメント

0

リアクション

3

関連作品

このページの内容について報告する