完結

真っ白な海

恋愛

更新日:2020年7月31日

真っ白な海

第1章 プロローグ


 人は誰しも孤独である、というのが私の持論だ。

 どれだけ愛し合ったとしても、その人の心を直接覗くことはできない。何を考えているのか、誰を想って生きているのか。そんなことは、当の本人以外にはわかりっこない。

 それは本質的な孤独だ、そう私が言うと、彼はいつも少し淋しそうに笑った。

 「そうかな」

 彼は決まってこう返したけれど、きっと心のどこかではわかっていたに違いない。



 そんな私だから、真っ白な海を前に一人ぽつんと佇んでいる今も、たいした感情は湧いてこない。いつも感じている、もう慣れっこになってしまった孤独感だけが、素知らぬ顔で私の中に居座っている。

 ここはきっと夢の中だ。
 そして、私はもうすぐ死ぬんだろう。

もくじ (5章)

修正履歴
  • 第1章 プロローグ 第1章 プロローグ

    第1章 プロローグ

    2020年7月26日

  • 第2章 第一章 第2章 第一章

    第2章 第一章

    2020年7月26日

  • 第3章 第二章 第3章 第二章

    第3章 第二章

    2020年7月27日

  • 第4章 第三章 第4章 第三章

    第4章 第三章

    2020年7月29日

  • 第5章 エピローグ 第5章 エピローグ

    第5章 エピローグ

    2020年7月31日

作品情報

東京23区内、某総合病院

物語へのリアクション

お気に入り

4

読書時間

13分

コメント

8

リアクション

97

関連作品

このページの内容について報告する