完結

シスター・コンプレックス

ヒューマンドラマ・日常系

更新日:2020年8月3日

シスター・コンプレックス

第1章


蝉の声で目が覚めた。蒸し暑い朝、時刻は朝8時半。
蝉に夏バテという概念は無いのだろうかと、回らない頭でふと考える。
急にやってきた夏の暑さで、私はすっかり消耗していた。痛いくらいの日差しがさす外は、どこにいても、何をしていても暑い。暑すぎる。
蝉がいちばん、夏を満喫しているよなあ。

眠い目を擦りながらリビングへのドアを開けると、カップ焼きそばを頬張るヒナと目が合った。

「朝からペヤング食べてんの?それちょっと人間として終わってる」
「終わってるのは、お姉ちゃんの顔の方。鏡見てきなよ、めっちゃブスだから」

ウザい、と目で伝えるとヒナは

「おー、こわっ」と、わざとらしく肩をすくめた。

女子高生の時から夢に見た、…

もくじ (8章)

修正履歴
  • 第1章 第1章

    第1章

    2020年8月2日

  • 第2章 第2章

    第2章

    2020年8月2日

  • 第3章 第3章

    第3章

    2020年8月2日

  • 第4章 第4章

    第4章

    2020年8月2日

  • 第5章 第5章

    第5章

    2020年8月2日

  • 第6章 第6章

    第6章

    2020年8月2日

  • 第7章 第7章

    第7章

    2020年8月2日

  • 第8章 第8章

    第8章

    2020年8月3日

作品情報


「朝からペヤング食べてんの?それちょっと人間として終わってる」
「終わってるのは、お姉ちゃんの顔の方。鏡見てきなよ、めっちゃブスだから」

ウザくて、だらしなくて、だいっきらい、
それでも家族。


物語へのリアクション

お気に入り

6

読書時間

14分

コメント

15

リアクション

266

関連作品

このページの内容について報告する