完結

にくまんベビーの畑生活

異世界

更新日:2020年8月3日

にくまんベビーの畑生活

第1章


「ふふふ、小松菜さんに今日も水やりーーーーおおきくなぁれ」

にくまんの形をした妖精もどきの生物が、小松菜に水をあげていた。

「よっ、やっているね」

「あっ、市長」
農作業服をきた20から30代の成年がやってきた。

「ふふふ、もう、こんなにおおきくなっちゃったよ、あの頃が懐かしいな・・・」

 

数日前

肉まん星のにくまん地区にて


「ふふふ、にく姉、もうツナだね」

「ふふふ、正しくはナツでしょ、それじゃあシーチキンになるでしょ弟よ」

「だね、マヨネーズ飲みたくなってきたね」

「それはないは、けど、弟が飲みたいならこの姉が買ってあげるわ。そのかわり、全部飲めよ」

「わぁお、それはテンシちゃんの450gかな」

「そうよ。飲む…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2020年8月3日

作品情報

作品紹介文はありません。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

5分

コメント

4

リアクション

47

関連作品

このページの内容について報告する