完結

幸せな揺り籠

ホラー・サスペンス

更新日:2020年8月14日

R-15

幸せな揺り籠

第1章

 合鍵を使って彼の部屋に入ると、彼は幸せそうに揺れていた。
 ゆらゆら、ゆらゆら。
 まるで揺り籠。
 だからアタシは嬉しくなっちゃった。
 気持ちの波形がシンクロしていることに。
 やっぱり貴方は、アタシとの子供が楽しみなんだ。
 ゆらゆら、ゆらゆら。
 こんなに揺れているのって、あれ以来じゃない?
 ブランコで全膝いっちまった事件以来じゃない?
 二人でラブラブしながら公園のブランコに乗っていたら、転げ落ちてしまって、アタシの膝も貴方の膝も全膝いっちまった以来じゃない?
 あの時は本当に驚いたよね。
 肌を擦りむいて、嫌な血の滲みかたして。
 笑えないほど土煙が舞って。
 くしゃみなのか咳なのか分からないモノを二人して出したよね。
 アタシ…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2020年8月14日

作品情報

作品紹介文はありません。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

3分

コメント

0

リアクション

3

関連作品

このページの内容について報告する