完結

神待ち

その他

更新日:2020年8月15日

R-15

神待ち

第1章

「神待ち」
それは家出をした女性が、自分を泊めてくれる男性を電子掲示板で探すことを意味する表現だ。

その言葉は時に「#家出少女」や「#裏垢女子」などといったハッシュタグと並行して使用される。一度検索してみたらいい。そこには哀れで孤独な少女に、性欲を剥き出しにした男たちが群がる光景が広がっている。
百聞は一見に如かず、だ。興味があるなら調べてみたららいい。正直、気分の良いものではないが。



鈴木稔は苛立っていた。
神待ち少女との交渉が成功しないことに。

少女たちは自分を恐れているのだろうか。

そのような不安が一瞬頭をよぎったが、それは無いとすぐに否定した。何故なら、自分は努力している。

彼女たちも、素性の…

もくじ (3章)

修正履歴
  • 第1章 第1章

    第1章

    2020年8月14日

  • 第2章 第2章

    第2章

    2020年8月14日

  • 第3章 第3章

    第3章

    2020年8月15日

作品情報

読み方:かみまち
「救いの手を差し伸べてくれる人を待つ」といった意味であるが、特に、家出した女性が自分を泊めてくれる男性を電子掲示板などで探すことを意味する表現。

(Weblio国語辞典より引用)

物語へのリアクション

お気に入り

4

読書時間

8分

コメント

12

リアクション

121

関連作品

このページの内容について報告する