完結

No.299

コメディー・お笑い

更新日:2020年8月22日

No.299

第1章

ミオちゃんの好きなものは、絶対に肉球だ。
しかも、猫の。


今日も、ミオちゃんのクルマが停まっている。
水色の軽自動車だ。


クルマのナンバーは、「・2-99」。


ニ・ク・キュウ。

肉球。


しかも、ダッシュボードの上に、猫のぬいぐるみが置いてあるのが見える。


猫の肉球。


間違いない。

ミオちゃんの好きなものは、猫の肉球だ。


◆◆◆

そのことに気づいたのは、ほんの一か月ほど前のことだ。

僕は、毎朝毎晩、このコンビニの駐車場に入る。

実際にお店の中まで入るかどうかは、駐車場で決める。

ミオちゃんのクルマがあるかどうかで、決める。


水色の軽自動車。


このクルマがミオちゃんのクルマであるとつきとめるまでに、そう時間はかからなかった。

もくじ (1章)

修正履歴
  • 第1章 第1章

    第1章

    2020年8月22日

作品情報

猫おじさんの挑戦

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

8分

コメント

16

リアクション

40

関連作品

このページの内容について報告する