完結

こころ紡ぐなみだ繋ぐ

ヒューマンドラマ・日常系

更新日:2020年8月27日

R-15

こころ紡ぐなみだ繋ぐ

第1章

 私は無機質で真っ白の中にいた。消毒液の匂いと、エアコンの空気の混ざった独特の匂いが鼻に抜ける。ベッドを囲むクリーム色のカーテンは揺れることもなくじっと吊るされている。窓のカーテンの隙間からはまだ光は見えない。

 私はゆっくりと瞼を閉じる。部屋には泣き声が響く。それは時に小鳥のように静かで、時にカラスのように甲高い声で。人生22年生きてきて私には今、絶望しかなかった。

「私は役に立たない、必要のない人間」

日々、上司から「それくらいのこともできないのか役立たず」「代わりなんていくらでもいるんだから一生懸命やれ」と言われ続けていた。
 
 学生の頃はテストで学年10位には入るほどの好成績だった。だが、社会に出て…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2020年8月27日

作品情報

作品紹介文はありません。

物語へのリアクション

お気に入り

4

読書時間

9分

コメント

8

リアクション

18

関連作品

このページの内容について報告する