完結

銀の旗振る水面たち

青春・学園

更新日:2020年8月27日

銀の旗振る水面たち

第1章

 14歳の夏、初めて先生に反抗した。

 隣町の臨海中学のプールサイド。
 水泳の市大会の最中だった。
 プールの中では、女子メドレーリレーの予選をやっていた。
 9月で、とにかく暑くて、太陽が真っ白に輝いていたことを覚えている。

「お前ら、応援せえへんのやったら帰れ」

 僕たちは、いきなり副顧問に怒鳴られた。
 フェンスに引っかけたブルーシートで作った大久保中学の陣地から、プールサイドの焼けついたコンクリートのザラザラの上に引っ張り出されたのだった。
 
 今、大人になって考えれば、確かにチームメイトが泳いでいたのだから、この先生の言うことは、まあ間違ってはいなかったのかもしれない。
 だけど、そのときその瞬間の僕には、なんだか…

もくじ (1章)

修正履歴
  • 第1章 第1章

    第1章

    2020年8月27日

作品情報

作品紹介文はありません。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

12分

コメント

0

リアクション

6

関連作品

このページの内容について報告する