完結

私のマゼンタは色あせない

恋愛

更新日:2020年8月30日

私のマゼンタは色あせない

第1章 1章 マゼンタのアクセサリー

 昨年の六月のことだ。梅雨入り前なのに、少し蒸し暑い初夏の陽気を感じさせる朝、大学一年生の娘の聖子が、私にこう言って出かける支度をしていた。

「駅で待ち合わせ! 渋谷行ってね、そして原宿、Tシャツのお気に入りのお店見て、それから野音に行ってくる」

「日比谷野音? あっ、そう! 川崎君とでしょ」

「うん! 瞬ちゃん、 だから大丈夫。フリーのイベントだから混雑するけどね~。彼は大きいから壁になって守ってくれるよ」

「まあ、気を付けなさいよ! よろしく伝えてね」

 聖子は、どこで覚えてきたのか、長い髪をフェミニンなギブソンタックに上手に結っていた。後れ毛を気にして、おばあちゃんの鏡台の合わせ鏡を見ている。リビングの隣、私の…

もくじ (3章)

修正履歴
  • 第1章 1章 マゼンタのアクセサリー 第1章 1章 マゼンタのアクセサリー

    第1章 1章 マゼンタのアクセサリー

    2020年8月29日

  • 第2章 2章 本物の恋 第2章 2章 本物の恋

    第2章 2章 本物の恋

    2020年8月30日

  • 第3章 3章 終わらないLOVE SONG 第3章 3章 終わらないLOVE SONG

    第3章 3章 終わらないLOVE SONG

    2020年8月30日

作品情報

私――谷原洋子が人生の中で最初で最後の恋であった石川君との思い出の中で、歴史ある日比谷野外音楽堂に一緒に行って、コンサートで長い時間を過ごしたことが一番印象に残っている。ある日、娘の聖子が、野音フリーコンサートに彼氏の川崎君と行くと言う。私は、昔の自分と石川君との恋愛を娘達に重ね合わせて、ノスタルジーを感じる。その昔、彼が私にプレゼントしてくれたアクセサリーは、薔薇の花の色……マゼンタは変わることがない。  【全3章完結】

物語へのリアクション

お気に入り

5

読書時間

20分

コメント

18

リアクション

171

関連作品

このページの内容について報告する