完結

月の形がわかるまで

ヒューマンドラマ・日常系

更新日:2020年8月31日

月の形がわかるまで

第1章


 東京にも、鳥の鳴き声で目をさます朝があることを知った。
 ひとりで眠ったはずなのに、目をさますとふたりで眠っていることにいつまでも新鮮に驚いた。
 あなたは仕事柄帰りが遅いことが多く、帰ってきてからも夜更かしをするので、わたしは先にベッドに潜りこんで布団をあたためる。そしてたいていは先に起きて、朝の空気に触れたつま先をぎゅっと握りこんで、ゆっくりと身体を起こす。
 薄暗い夜がつづきながら、ひたひたと朝が静かに訪れていた。
 カーテンの隙間から薄明かりが入る。大きな手足を折り曲げて小さくなって眠っている姿をだれにも気づかれないように見つめて、かってに、しあわせになってしまうことを言ったら呆れられてしまうのかな…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2020年8月31日

作品情報

ちゃんと暮らすことができていると安心する。目に見えないから傷だとわからないんだとあなたは言った。目に見えないものでよかったとわたしは思う。
もしも、あなたが歌うことを辞めてもきっと鳴り止まない。

物語へのリアクション

お気に入り

1

読書時間

25分

コメント

2

リアクション

7

関連作品

このページの内容について報告する