完結

きっと永遠に続く歌

恋愛

更新日:2020年9月1日

きっと永遠に続く歌

第1章

電車に揺られながら頭の中の言葉を辿る。
透き通るような声が歌い上げているのは、全部私たちが一緒に持っていたはずの記憶。

「こんな甘ったるい音楽。似合わないよ」

イヤホンを外して現実に戻って来ても、視界だけまだタイムスリップしている。
ふと暖かい風が吹き抜け、燻り続けている思い出にそっと息を吹きかけた。

「どこにもいないじゃん」

決して戻れない季節を突き付けられた様な気がした。

もくじ (6章)

修正履歴
  • 第1章 第1章

    第1章

    2020年9月1日

  • 第2章 第2章

    第2章

    2020年9月1日

  • 第3章 第3章

    第3章

    2020年9月1日

  • 第4章 第4章

    第4章

    2020年9月1日

  • 第5章 第5章

    第5章

    2020年9月1日

  • 第6章 epilogue 第6章 epilogue

    第6章 epilogue

    2020年9月1日

作品情報

作品紹介文はありません。

物語へのリアクション

お気に入り

6

読書時間

9分

コメント

4

リアクション

83

関連作品

このページの内容について報告する