完結

上品な香りのする一作

その他

更新日:2020年9月2日

上品な香りのする一作

第1章

 https://monogatary.com/episode/88611 ~
 「満月記」(プロローグから「神使」と「小説の神様」まで)
 キンクロ製作委員会様

 "今宵の満月は、一分の隙もなく、完全無欠にまんまるだった。"

 そんな魅力的な入りから始まる物語です。
 選ばれた小説家以外は、嘘(フィクション)を禁じる世界において行われる人間関係について綴られています。まず、「月が綺麗ですね」という言葉が何を意味するのかというのは、我々物書き的にはいつかぶつかるであろう、故事成語のようなものです。
 その言葉が、要所要所で出てきます。だから、これは現代社会のラブストーリーなのかなあと思って読み進めていくと、思ったよりも…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2020年9月2日

作品情報

https://monogatary.com/episode/88611 ~
「満月記」 キンクロ制作委員会様

物語へのリアクション

お気に入り

1

読書時間

3分

コメント

1

リアクション

6

関連作品

このページの内容について報告する